フィルムに代わり、人気を集める9Hガラスコーティング「SAVER」。副業としての収入と働き方も魅力のようだ。ユニークな製品を企業・店舗・個人・主婦向けに「収入サポート」の手段として展開している福岡の事例とは?

日本では「2年縛り」という買い方が一般的であるため、新製品のスマホの価格を知らない方もいるかもしれないが、最新のiPhone 6S Plusは10万円を超えており、それ以外の最新ラインナップも、ほぼ全て8万円を超えている。

 

スマホは「電話」ではなく、電話もできる超高性能小型コンピュータと考えたほうがよく、今やノートPCよりも高額な製品となった。

 

街ゆく多くの人々が、10万円近くもする高級精密家電を「ほぼ無防備」で持ち歩く時代など、これまでには考えられなかった。そして、スマホが年々多機能化、高性能化するのに比例して、スマホを落とした時の損害や不便さも増大するようになった。

 

そこで、落下や衝撃を防ぐための手段として広く普及したのが「フィルム」だ。読者の方の中にも、お持ちのスマホやタブレットPCにフィルムを装着している方もおられるだろう。中には、こだわりの機能を持つ

6000円~8000円のフィルムを装着している方もおられるかもしれない。

 

そんな中、昨年あたりから、フィルムに代わって、より美観と利便性が高いコーティングによってスマホやタブレットPCを保護する人たちも増えている。

 

その中でも、スマホ・タブレットPC用に開発されたコーティング「SAVER」の主なメリットは、

1. 汚れや小キズが付きにくくなる

 

2. 割れにくく、ヒビが入りにくくなる

 

3. 指通りが滑らかで、画面がクリアになる

 

4. 静電気が通りやすくなり、操作性UP

 

5. 汗、油、指紋、化粧をふき取りやすくなる

 

6. 気泡やホコリが減って、スマホがキレイに

 

7. 無機質の原材料なので、安心・安全

 

8. 皮膜は数年持続し、フィルムよりお得

 

9. 中古スマホを買っても見た目がキレイに

 

 

というものだ。


もう、フィルムには戻れないという声が続出するのもうなずける。

場所は福岡・天神のとあるカフェ。

 

愛用のスマホからフィルムを剥がし、興味深そうにコーティングの過程を眺め、仕上がりを見届けたあるお客さんが言った。

「こ、これだけ?・・・これって、私にもできるんじゃない?」

 

SAVERの施工に要する時間は、たったの15分。他社製品と違い、自然乾燥を経てガラス皮膜を完成させるため、

ドライヤーを用いる必要がなく、したがって、「電源がない場所」でもコーティングが「仕事」になるのだ。

 

今まで、スマホや携帯機器に関する買い物やサービスは、「携帯ショップ」や「家電量販店」で行うのが当たり前だった。ところが、SAVERは、施工に電源を用いず、溶剤もほぼ無臭であるため、個人でも取り扱いが可能となった。「カフェ」でも施工できる点に、他社製品にはない強みがある。

 

SAVERの施工店になるには、加盟金25,800円を払って、2時間で済む施工研修を受ければよい。

その後は年会費もない。もちろん、ロイヤリティもない。

 

先月加盟した、ある主婦は言う。

 

「2時間で22,000円の収入にビックリ!

特にこれといった資格も専門知識もない私は、SAVERの施工を始めてから、毎日に希望が出てきました。

施工研修はすごく丁寧だし、働き方、稼ぎ方も最初に教えてくれるので、安心して取り組めるのが嬉しいです。

この前は2時間で22,000円も稼いで、ビックリしました」

 

「1時間で1万円以上の収入」とは、法律事務所の相談で弁護士が得る報酬よりも高い。

塗っても画期的なSAVERは、施工者として取り扱えば、

 

①大学生以上なら、誰でもできる。

②高品質でニーズの高いサービス。

③働く時間は「1日15分」からOK。

④プロのスキルを2時間で習得、認定証も発行。

⑤1時間で1万円以上を稼ぐことも可能。

⑥カフェ、自宅、友達の家でも働ける。

⑦年齢・経験・学歴、一切不問。

⑧夜でも週末でも、空き時間にいつでも働ける。

⑨施工店加盟金(研修含む)は2万5,800円のみ、ロイヤリティなし。

⑩報酬はサービス後15分で支払。

 

という、「客単価」と「回転率」を両立させる、ユニークな仕事に変身するのである。


このメリットを知ったある商店主は、こう語る。

 

お店の収益源と新しい出会いが増えた!

 

お店の客単価や利益率を上げる方策が見えずにいたところに出会ったSAVERは本当に画期的で、収益と同時に新しいお客様も連れてきてくれる心強い商品です。

 

半信半疑で説明会に行きましたが、詳しく丁寧に説明してくれ、今では自信を持ってサービスを提供しています」

 

 

 

収益に貢献するだけでなく、本業の集客も手伝ってくれるとは、まさに「お助けマン」である。

 

 

 

最近は、シングルマザーや、女性の自営業者の加盟も増えてきた。

 

「自分で自由に働きたい!と、いくつかの認定や資格を取得してきましたが、正直、どれもお金にするのは大変で、加盟金は安くて10万円、ロイヤリティは20~40%が当たり前でした。

 

ところがSAVERは、美容やセラピー関連の仕事より利益が大きいのに、加盟金は驚くほど安く、ロイヤリティもありません。商品、サービス、システムが整っていて市場も大きく、出会えて本当に良かったです!」

 

 

 

加盟資格が「バリアフリー」のSAVERの報酬は、いわゆる「夜のお仕事」よりも高い場合もあり、携帯する道具も小さいため、女性の副業としても人気を集めている。

 

 

 

また、身体障碍者、失業者、フリーター、引きこもりといった、再挑戦にいくらかの障壁がある人たちの

 

社会復帰の手段としても、SAVERは頼もしい手段となりつつある。

 

 

 

品質、仕事の仕組み、ニーズの高さが優れているSAVERの本当の魅力は、障碍者や中高年、

 

シングルマザーでも同じ収入が得られるバリアフリー・ビジネスの点にあると思います。

 

SAVERというブランド名の意味はここにもあると知った時は、再チャレンジしたい多くの友人に教えてあげたくなりました」

 

 

かつて、ガラケーがスマホに移り変わっていったように、今、コーティングがフィルムに代わる主流となりつつある。

 

 

 

それは、「スマホを守り(SAVE)、フィルムを節約し(SAVE)、そして、生活と仕事を救う(SAVE)」というプロセスでもある。

 

 

 

次は、どんな不安や夢を持った人がやって来るのだろうか。